時計修理事例

カルティエ(Cartier)腕時計の変色を綺麗に出来ます。

更新日:

カルティエの腕時計で「黒色(褐色)に変色したのですが修理は可能すか?」とのお問い合わせが多く寄せられます。カルティエは時計本体にシルバー925を使い、その上にメッキをかけているので、このシルバーの材質の影響なのか?どうも変色がし易いのかもしれません。
とにかく綺麗に戻したい・・・という方には「変色取り・擦り傷取り研磨コース」の加工で綺麗になります。修理料金は6,600円(税込)です。変色取りの後にバフ仕上げをしますので小さな擦り傷が取れ、艶(ツヤ)も出ますので一段と綺麗になります。ただし、打ち傷や深い擦り傷は残ります。

無料のお問合せは下記のLINEからスマホで時計を撮影して画像をお送りください。また、修理ご希望の方は郵便番号、ご住所、お名前、電話番号をお知らせください。お近くのセブンイレブンやファミマから無料の着払いで送れる「送付パック」をお送りいたします。これは折り畳みの段ボール箱、時計を包む緩衝材、着払いの宅急便の送付状などがセットになっています。

Cartier20190923-1
このように茶色に変色しています。

Cartier20190923-2
変色が取れただけではなくピカピカの艶が戻りました。

Cartier20190923-3
こちらは裏面です。

修理内容 : 変色取り・擦り傷取り研磨
修理費用 : 6,600円(税込)
                        ※別途に送料が550円かかります。

また、新品のように完全に無傷の状態にしたい方には「完全研磨・再メッキコース」をご指定下さい。料金は17,600円(税込)に送料550円(税込)になります。

 

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-時計修理事例
-, ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.