時計修理事例

カルティエタンクの黒色変色取り

更新日:

黒く変色したカルティエの修理です。
上がBeforeで下がAfterです。カルティエはボディにシルバー925を使用しているので余計に変色しやすいように思えます。このようになる原因は「使っていないこと」です。18金のジュエリーもそうですが使わずに放置しておくと18金の中に含まれている銀や銅が酸化してこのような状態になります。時々使用すると表面に摩擦が生じて黒くなりにくくなります。せっかくのジュエリーや時計は使ってやりましょうね!

作業内容 : 変色取り・艶出しバフ研磨、電池交換
修理費用 : 8,800円(税込)【変色取り6,600円、電池交換 2,200円】
                        ※別途に送料が550円かかります。

修理をご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料で送ることができる「送付パック」をお送りいたします。このホームページからLINEまたはメールで「郵便番号、ご住所、お名前、電話番号をお知らせください。

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.