時計修理事例

カルティエタンクの黒色変色取り修理のご依頼

更新日:

お陰様でカルティエの変色取りの修理依頼が全国から修理が送られて来るようになりました。
今回も県外の方から今回は大きめのタンクと小さめのタンクと2個同時にご依頼をいただきました。

早速、分解をして修理を始めます。ベルトを外して、機械を取り出します。
まずは小さめのタンクから始めます。

ケース、裏蓋の文字、ネジの頭までとても綺麗になりました。この時計は電池の漏液とサビが出ているので、この後にオーバーホールをしました。

大きめのタンクは特に酸化が進んでおりかなり変色しています。小さなネジ類も頭の部分が黒く変色しています。下の写真が変色取りの修理を済ませた後です。当店の変色取りの修理が他店と異なるのは、変色取りの後で軽くメッキが取れない程度に「バフ研磨」をすることです。これによって小さな擦り傷が取れて艶(ツヤ)が出ます。

◇小さめのカルティエタンクの修理
内容 : オーバーホール、変色取り、バフ研磨、電池交換
修理費用 : 31,900円(税込)(オーバーホール 19,800、変色取り 9,900円、電池交換 2,200円)

◇大きめのカルティエタンクの修理
作業内容 : 変色取り修理(+バフ研磨)、電池交換
修理費用 : 12,100円(税込) (変色取り修理9,900円、電池交換2,200円)
※往復の送料は無料です。

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「送付パック」をお送りいたします。このホームページからLINEまたはメールで「郵便番号、ご住所、お名前、電話番号をお知らせください。

-時計修理事例
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.