時計修理事例

カルティエタンクの黒くなった変色取り

更新日:

カルティエタンクの黒くなった変色取りのご依頼です。見慣れたタンクですが何となく違う・・・という感じがしました。よく見ると文字盤が紫のドット柄であまり見たことがありません。ケースと裏蓋も厚い感じがします。

20200607cartier-repair-1

裏面を見ると通常のタンクを全く違います。止めてあるネジが通常は4本ですが、これは8本でしっかり止まっています。また刻印などもかなり違います。
特別仕様なのか、作られた時が昔なのか・・・いずれにしてもしっかりとした作りで好感が持てます。

20200607cartier-repair-2

分解をしたところです。ネジの頭なども黒く変色しています。

20200607cartier-repair-3

変色取りの作業を終えて、艶出しの研磨をしたところです。表面の変色はもちろん、裏蓋の刻印された文字の中の変色も綺麗になっています。小さなネジも綺麗にピカピカになっています。

20200607cartier-repair-4

機械を組み込んで完成です。このタンクは小さめで少しずんぐりした感じなのですがとても魅力的です。

20200607cartier-repair-5

作業内容 : 変色取り修理(+バフ研磨)、電池交換
修理費用 : 12,100円(税込) (変色取り修理9,900円、電池交換2,200円)
※往復の送料は無料です。

また、ケースの深い打ち傷や裏蓋の擦り傷をパーフェクトに取り除きたい場合は「再メッキ修理」をお選びください。ほとんどの傷を取り去ってから再メッキを行います。修理料金は19,800円(税込)で往復の送料は無料となります。

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「送付パック」をお送りいたします。このホームページから「LINE友だち追加」または「メール」で「郵便番号、ご住所、お名前、電話番号」をお知らせください。

時計・宝石の修理のお問い合わせは無料です。スマホで時計や宝石の写真を撮り「LINE友だち追加」で画像をお送りください。

 

-時計修理事例
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.