時計修理事例

エルメス腕時計の機械交換

更新日:

エルメスのクオーツ腕時計のオーバーホールの修理をお受けしました。クオーツ式の腕時計の場合はオーバーホール作業をするよりは新しい機械に交換した方が良い場合がるので、この時計に関しては機械交換をお勧めいたしました。機械交換はお預かりする修理の期間も少なくてすみ、電気回路も全てが新しくなるのでこれから10年、20年と使っていく上で安心です。

20200607hermesrepair-2

下がエルメス腕時計の内部です、ETA社のムーブメント(機械)です。ETA社のムーブメントはこの青い色が特徴です。エルメス以外にもグッチ、ロンジン、タグ・ホイヤー、オメガ、フランクミュラーなど各社がこのETA社のムーブメント(機械)を使用しています。
普通はブランドのロゴが入っているのですが、この時計にはエルメスのロゴが入っていません。昔はフランクミュラーなどもこのようにブランドロゴが入っていない機械を使っている機種もありましたが、最近はどのブランドもロゴを入れるようになりました。

20200607hermesrepair-1

機械にHERMESのロゴが入っていないので、全く同じものになります。

20200607hermesrepair-3

機械交換が終わりました。中身はスッポリと違う新しいムーブメント(機械)なので新品を買ったのと同じことになります。

作業内容 : 機械交換
修理費用 : 19,800円(税込)

 

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-時計修理事例
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.