時計修理事例

グッチのメンズ腕時計の電池交換

投稿日:

DSC_5041

グッチの腕時計の電池交換ですが裏ブタを開けるとこのように本体との喰い付き部分(円周部分)にサビがわいています。
実はステンレスは空気に触れないとサビるという性質も持っています。写真はサビの部分を取り除く為に精密ドラーバーで剥がした状態ですが、ここから丁寧に練りゴム状の吸着剤でサビを1粒残らず取り除きます。このような丁寧な処置が一番大事なんですね。

安さだけの判断で電池交換に行かれるとこのような処理をせずに裏ブタを閉めてしまうので、このサビが歯車に引っかかり動かなくなります。そうなると高額なオーバーホールをしなけければならなくなります。
当店では今回のようなグッチの腕時計の電池交換は1500円です。店内でお待ちいただいている間に出来上がります。

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.