時計修理事例

えーーー!マジっすか!のお話 Part2

更新日:

秋田からメールでお問合せがあり、修理をさせていただくことに。

地元の時計店で電池交換とベルト交換をしたら、裏蓋が凹んで戻ってきたとのこと。奥さまの思い出の品とのことで、元の専用ベルトを磨き直して再メッキして買った時の状態に戻して欲しい・・・とのことです。

送られてきた時計を見てビックリ!何故こんなに裏蓋が凹んじゃったの?

そしてベルトを本体から外そうとするとネジが瞬間接着剤で止めてある・・・ネジ山が合わないネジを接着剤で止めたようです。直すどころじゃなく、こんな破壊をしてしまう時計屋さんって一体...?

裏蓋が凹んだものを完全に元通りにするのは至難の業。
裏から叩き出していきましたが、凹みの中に深い打ち傷が入っています。なんとか凹みは修正しましたが深い打ち傷だけは取ることが出来ませんでした。

元の専用ベルトは研磨で打ち傷を落としてピカピカにして再メッキをしました。接着剤で止めてあるネジは細いドリルで取り除き、再メッキしたベルトをサイズの合うネジでしっかり固定しました。

お客様の大切な時計をお預かりするプロとしては、中途半端なことはやってはいけないと思います。
できないのであれば断らなければならないですし、当店も最善案を考えたうえでどうしても不可能と判断すればお断りをさせていただくことがあります。
バカ真面目がモットーの当店としては今回のケース、許せなかったのでこちらで小言として失礼します...(笑)

 

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.