時計修理事例

電池交換は時計専門店に持って行った方がいい、その理由

更新日:

電池交換でお預かりしたセイコードルチェの腕時計。電池交換の為に裏蓋を開けてみると・・・
あれ?コイルの部分の光の反射がおかしい!拡大してみると・・・ありゃ、前に電池交換をした人が裏蓋を開ける「こじ開け」という器具でグサリとコイルを突き刺してしまったようです。
このコイルはとても細くて切れやすく、当然切れると電池を入れても動きません。このようにお客様は何も悪くないのに、電池交換をする人のミスで時計を壊してしまうことがあります。
お客さまにこの状態の事情を説明すると・・・ホームセンターで電池交換を依頼したら「電池交換をしてもダメです」と言われて、当店に持ち込んだとのこと。んんん・・・残念、電池交換は熟練した人に任せましょうね。

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.