時計修理事例

アンティーク腕時計「バセロンコンスタンチン」

更新日:

お父様の持っていた腕時計とのことでした。
持った瞬間に「重い・・・!これは貴金属に高価な時計だ!」と分かりました。
文字盤を確認すると「バセロンコンスタンチン」刻印を確認するとやはり「18金ホワイトゴールド」でした。しかもベルトも純正の「18金ホワイトゴールド」です。
おそらく50年以上前の時計なので歯車も摩耗している可能性もあります。
アンティーク高級腕時計のオーバーホール¥54,000~です。

-時計修理事例
-, ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.