時計修理事例

CARTIER カルティエの傷取りとヘアライン仕上げ

投稿日:

カルティエ・パシャの傷取りとヘアライン仕上げです。送付されてきた修理品をみるとたくさんの擦り傷や打ち傷が入っています。

時計本体とベルトを分離して、まずはベルトのヘアライン仕上げです。かなりの傷が入っていますがこのままヘアラインの工程に入れば傷も一緒に消えて無くなります。写真を比べていただくと傷がなくなりとても綺麗になったのがお分かりいただけると思います。

今度は時計本体の修理です。時計本体もかなりの擦り傷と打ち傷が入っています。細かい部分までは無理なのですが出来る限りの仕上げをしていきます。

まずはガラス周りのベゼルは鏡面仕上げなのでバフで研磨をして鏡面にしていきます。かなり深い打ち傷がありますが多少の打ち傷は形に違和感が出ないようにわざと残します。時計本体のサイドの部分はヘアラインなのでベルトと同じようにヘアライン仕上げを行います。

あとは時計本体にベルトを取り付けて完成です。とても綺麗に仕上がりました。修理料金は17,600円(税込)となります。この時計も県外からのご依頼ですが当店は全国対応になっております。

 

 

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.