時計修理事例

Cartier カルティエの黒色の変色がこんなに綺麗になります。

更新日:

全国からカルティエの腕時計の黒く変色した修理依頼が大変多くなりました。
そこで分かりやすい当店の修理受付のポイントをご説明いたします。
修理の方法は2通りあります。

◇「研磨・再メッキ」
本体をよく観察して「メッキの剥がれがある」「擦れた小傷が多くて気になる」「深い打ち傷がある」という方は「研磨・再メッキ」の修理を指定いただければ黒色が取れるだけではなく本体がキズのないピカピカな状態になり、裏蓋にも新しくヘアラインが入って購入時のようになります。こちらの料金は16,700円(税込)です。修理をご依頼いただいた方にはお近くのコンビニから無料で送れる「送付パック」をお送りします。

◇「変色取り」(下の写真)
メッキの剥がれが無く、黒色の変色だけを綺麗にしたいという方は「変色取り」の修理を指定ください。これは時計を分解して、本体、裏蓋、ネジ類を薬剤で綺麗にするものです。薬剤の「変色取り」と「簡易バフ仕上げ」の加工で艶も出ますのでとても綺麗になります(ただし打ち傷、小傷は取れません)。変色は本体だけではなくネジ部も黒色になります。この修理で全てのパーツが綺麗になります。
こちらの料金は6,600円(税込)です。こちらもご依頼いただければお近くのコンビニから無料で送れる「送付パック」をお送りいたします。

お気軽に無料相談が出来るLINEが便利です。時計の写真を添付していただければより細かいご相談が可能です。

下の写真は「変色取り」の修理を行ったものです。小さなネジも綺麗になったのがお分かりいただけると思います。修理料金6,600円(税込)です。

Cartier2019.11

Cartier2019.11

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-時計修理事例
-, , , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.