ほんわかブログ

伊勢神宮参拝

投稿日:

9月30日 以前から計画をしていた「伊勢神宮参拝」をすることに…片道4時間の長距離でしかも生憎の雨模様でしたが・・・「思い立ったら吉日」ということで出発!

北陸自動車道から名神高速へ…八日市ICを下り国道を走り、再び新名神高速から伊勢自動車道で伊勢市に到着。

伊勢神宮には外宮と内宮という二つの神社があります。「お伊勢まいりは外宮から」と言われるそうで…まず外宮から参拝。この日は雨のためにお参りの人も少なめでしたが、雨でしっとり濡れた参道や杉の大木がとても幻想的で素晴らしい雰囲気でした。次に車で10分ほど離れた内宮へ。ここでは専門の女性の案内人の方をお願いして90分かけてお参りをしました。案内人の方の説明によると・・・内宮には皆さんよくご存知の「天照大神 あまてらすおおみかみ」が祭ってあり、外宮には「豊受大神 とようけおおみかみ」が祭ってあるそうです。簡単に言うと内宮の「天照大神」の食事を司る神様が外宮の「豊受大神」になるそうです。さらに伊勢神宮には内宮・外宮の両大神宮の他に14の別宮、43の摂社など全部で125の宮社があるそうです。今回は案内人の方の説明をしっかり聞いて・・・とても有意義な一日となりました。

「伊勢神宮は日本人の心のふるさと」と言われています。皆さんも機会があれば是非訪れてみてください(*^_^*) 

<外宮の後正殿>

<内宮の入口 後ろの宇治橋を渡って内宮に入る>

<内宮の宇治橋を渡ると見える美しい松>

<内宮の神楽殿>

<多くの参拝者が触るので杉には痛み防止の柵が巻かれている>

<内宮の御正殿。今は石段から上では撮影が禁止されている>

<神宮には驚くような巨木がたくさんある>

<内宮に放されている鶏。日本に昔からいる原種とのこと>

<右の方が伊勢神宮上級検定試験合格者の案内人の方>

<おみやげ店や食堂などが軒を連ねる「おかげ横丁」>

<神宮の神様にお供えするのは灘の「白鷹」と決まっている>

<ご存知!赤福の本店>

jewelryoederwebbanner LINEbanner

-ほんわかブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.