ほんわかブログ

富山・庄川の鮎

投稿日:

富山のメーカーさんと話をしていると「鮎も解禁になりましたねぇ」という話題に・・・

「そうだ!旬の鮎を食べに行こう!」そういえば、当店のお客様のFさんやMさんに「富山の庄川の鮎の塩焼きがとても美味しい」という話を聞いたことがある・・・早速、インターネットで検索。

富山の庄川沿いに「鮎や」という所と「鮎の里」という所がどうも良さそうな感じ・・・結果、「鮎や」に行くことに。 北陸自動車道の砺波インターを下りて約20分。「鮎や」に到着。

店内はカウンター、ボックス席、座敷とかなり広い。んーーーたぶん100席以上はあるのではないでしょうか。

早速、鮎の塩焼きを注文。炭火で焼いた鮎が5匹とうるかがついて¥2100です。この写真は10匹なので2人前です。鮎は12~13センチの小さな若鮎です。1匹めは頭を外して丸ごとガブリ。「んーーー!美味い!」骨がまったく気にならないのは鮎が小さめなのと炭火焼きのお陰なのでしょう。次は頭を付けたままガブリ!「あらーーー!頭の骨も気にならずやっぱり美味い!」 もうたまん!鮎をもう5匹追加!!!

帰りに店内をよく見ると・・・店内に小川が流れていて、ここに鮎が何百匹も・・・真っ黒になってうじゃうじゃ泳いでいる。 よく考えると1人が5匹食べて・・・100人のお客さんなら・・・500匹の鮎を焼くんだものね・・・泳いでいるこんだけの鮎は必要だわ!(^_^)v

見えにくいですが・・・黒いのがすべて元気に泳ぎ回っている鮎です。

-ほんわかブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.