その他の修理 ダイヤモンド

切れたブレスレットのロー付け(溶接)

更新日:

テニスブレスレットとも呼ばれたダイヤモンドをぐるりとあしらったブレスレットです。かなり使い込んであるのでコマのつなぎ目が摩耗で切れています。このような場合はロー付けという作業で修理をします。ロー付けという言葉はなじみがないと思いますが、バーナーの熱で修理したい本体よりも少し融点が低い金属(ロー材)を使い、このロー材を溶かしてくっつける作業を言います。
作業が終わるとキズ取りの研磨も行い、超音波洗浄も行いますのでピカピカの新品のようになります。

-その他の修理, ダイヤモンド
-, ,

click me!
お問い合わせ
ご来店予約
交通アクセス

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.