これまでシルバーリングのサイズ調整やネックレスの磨きを手掛けてきましたが、今回は大きなシルバーベルトのバックルの仕上げをお客様が持って来られました。

beforeの画像の通り打ち傷が全体にかなり深く入っています。まずは研磨・・・かなりの時間を要しましたがaftre-1のようにピカピカにしました。
しかし、写真のようにバフ掛けをすると、本来は黒い色でなければならない部分までが綺麗になってしまいます。
そこで、酸化させる液を使って凹んだ部分を黒く戻して、再び表面の部分だけを艶出しして完成です。

croppercapture5thumbnail

 

croppercapture6thumbnail

 

croppercapture7thumbnail

大きな銀ベルトのバックル