「 時計修理 」 一覧

20200418cartier-1

カルティエ Cartier マストコリゼ腕時計の黒ずみ変色修理

カルティエ Cartier マストコリゼ 腕時計の変色取り修理と電池交換の依頼です。 当店のホームページからの(LINEでのやり取り)お客様です。LINEで送られてきた写真をみるとなかなか綺麗なのです ...

20200413cartier-4

カルティエタンクの黒色変色取り修理のご依頼

お陰様でカルティエの変色取りの修理依頼が全国から修理が送られて来るようになりました。 今回も県外の方から今回は大きめのタンクと小さめのタンクと2個同時にご依頼をいただきました。 早速、分解をして修理を ...

rorex20190915-1

ロレックスのベルト磨きとヘアライン加工

人気のロレックス ROLEXですが、毎日使っているとベルトに小傷がたくさん付いて、見た目が醜くなってきます。 写真のロレックスはオーバーホールでお預かりしたのですが、以前にお預けした時計屋さんが気を利 ...

watch0807-3

腐食した古い時計の研磨と再メッキ

ネットからのご依頼です。錆びた時計を綺麗に研磨してメッキをし直ししてくださいとのこと。写真を撮って画像を送っていただくようにお願いをし、画像を確認をすると、腐食や打ち傷がたくさんあるように見えます。深 ...

タグ・ホイヤーS/el(セル)のメッキ剥がれ

タグ・ホイヤーの修理で県外からお問い合わせがありました。以前にこのブログで紹介したタグ・ホイヤーの修理の記事を見られてのお電話でした。 タグ・ホイヤーS/el(セル)セルのコンビのベルトの場合、全ての ...

またまたエルメスウォッチのメッキ剥がれを再メッキ

またまた送られて来ました「エルメス腕時計」のメッキ剥がれ。 本当にこのタイプの修理依頼は多いです。メッキがみごとにパキッ、パキッと剥がれるんですね。 通常はステンレスにしっかりメッキをすれば剥がれない ...

パッキンの変質(硬化)による腕時計の水の侵入

セイコードルチェの腕時計です。電池交換でお預かりしましたが、裏ぶたを開けてみると内部に錆が出ています。これは裏ぶたのゴムのパッキンが古くなって硬化しているので防水効果がまったくなくなっているからです。 ...

ガラスの接着剤の退化にご注意

写真のセイコークレドールのガラスの内部の縁の部分をご覧ください。茶色の細い帯状のものが見えると思います。これはガラス用接着剤が古くなって変質している証拠です。このように状態になると、接着効果がまったく ...

腕時計の文字盤の数字取れ

時計のよくある修理がこれ!文字盤に使ってある「数字などが外れてしまう」ことです。 小さな穴の凹凸を接着剤で止めてあるのですが、長年の時間経過で接着剤が硬化して外れてしまうんですね。 文字盤数字接着¥1 ...

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.