時計修理事例

電池交換時のサビ取り

更新日:

電池交換の腕時計。ウラ蓋を開けると内側に茶色のサビがあります。

このまま電池交換をしてウラ蓋を閉めるとサビが時計内部を回ってあるき歯車に付着してトラブルの原因になります。そこで精密ドライバーでサビを起こしていきます。

起こしたサビは専用の吸着剤に丁寧に付着させて取り除きます。

このような丁寧な作業をいつも心がけています。
電池交換 国産品は1,100円(税込) 海外ブランド品は2,200円(税込)です。

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.