時計修理事例

カルティエの変色を研磨・再メッキで取り除きます

更新日:

カルティエの変色・キズ取りの修理です。
ケースにはかなりのキズが入っており、メッキも剥げてきています。また裏蓋にも小キズが無数に入っています。

先ずは時計の分解からです。裏蓋のネジをゆるめて裏蓋を取り外し、リュウズを抜き、機械を取り出してからガラスを外します。ケースと裏蓋にバフ掛けを施し、キズを完全に取り除いてから再メッキをします。

carter2019.11.26

carter2019.11.26

作業内容 : 再メッキ修理、電池交換
修理費用 : 22,000円(税込)(再メッキ修理19,800円、電池交換 2,200円)
※往復の送料は無料です。

また、再メッキをせずに黒くなった変色だけを取りたい場合は「変色取り修理」(+バフ研磨)をお選びください。変色取り作業の後に小傷取りのバフ研磨を行いますのでとても綺麗になります。修理料金は9,900円(税込)往復の送料無料になります。

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「送付パック」をお送りいたします。このホームページから「LINE友だち追加」または「メール」で「郵便番号、ご住所、お名前、電話番号」をお知らせください。

時計・宝石の修理のお問い合わせは無料です。スマホで時計や宝石の写真を撮り「LINE友だち追加」で画像をお送りください。

-時計修理事例
-, , , , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.