時計修理事例

LOUIS VUITTON ルイヴィトンの時計の電池交換

更新日:

最近は県外から電池交換の時計が送られてくるので驚きです。でもよく考えると当店のフランクミュラー、カルティエ、オメガなどのスイス製の腕時計の電池交換は2,200円(税込)+送料550円(税込)なので、当店への送料を入れても3,500円ほどになります。
わざわざ電池交換に専門店まで持って行って3~4,000円かかるなら、コンビニから当店に送って、あとは家まで配達してくれるので楽ちんかもしれませんね。

これがルイヴィトンの中身です。機械を見るとオメガやロンジン、グッチなどに使われるスイスのエタ社のムーブメントのようです。

入っていた電池の電圧を計ると0.884ボルトです。腕時計の電池は1.5ボルトのものを使用するので電池がなくなっているのが確認できます。

こちらは新たに入れる電池です。当店は主に環境に良いSONYの無水銀電池を使います。この未使用の電池の電圧を計ると1.595ボルトで電圧が十分にあるのが分かります。

ケース・裏蓋に付着しているゴミやホコリと丁寧に取り除き、ゴムのパッキンにグリスを塗布して裏蓋を閉めたら完成です。

-時計修理事例

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.